【ExcelVBA】選択しているセルの位置を取得する(A1形式で取得)

選択しているセルの位置を取得するマクロです。

サンプルコード

出力結果(イメージ)

Excel バージョン

Excel2013

解説

ActiveCell.Addressで現在の選択されているセルの位置を取得します。

ActiveCell.Addressで現在のセルの位置が取得出来るのですが、値は「$B$2」となっています。

欲しい値は「B2」(A1形式)なので、「$B$2」の値を少し加工します。

加工するにはSplit関数を使います。

使い方は「$」の文字を区切り文字として、「B」と「2」を抜き出す、と言った使い方をします。

すると、「B2」という値が取得できます。

これで現在選択されているセル位置「B2」が取得することができました。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。